知るカンパニー | 知って転換、知恵メディア。【公式サイト】

アマゾンでクレジットカード作ってもポイントゲットは3週間後!マスターカード実録

最終更新日:2019-05-31
アマゾンでクレジットカード作ってもポイントゲットは3週間後!マスターカード実録

アマゾンで買い物をしまくる筆者だが、クレジットカードは禁断の領域として、プライム会員以上の関係性は持たないようにしてきた!しかし!(急に温度感が上昇w)日頃から安い価格帯で支持しているアマゾンにおける、商品購入後の獲得ポイントが少ないということに、ようやく気付いてしまう不幸な事態が発生。

そんな時、さすがのアマゾン先生からおススメ情報が表示される!「Amazon Mastercardクラシックのクレカ発行で5,000円分のポイントゲット!」的なバナーが出現。筆者が欲しい商品は27,000円。アマゾンのクレジットカードに登録すると、もれなく、5,000円の値引きが受けられるという甘い言葉に…遂に堕ちることとなった。

マスターカード!?つまり年会費がかかるのだ!VISAやJCBなら年会費は無料。ヤフーならTポイントが付いてくる感覚だけど、このメディアを読んでいる方の中に、同じような体験をした人がどれくらいいるか、気になるけど無視することにして、先に進んでみる。

Amazonクレジットカード公式

アマゾンなら年1回の買物でマスターカード年会費を無料化できる!

まあ、ぶっちゃけた話、ポイントさえゲットすればクレジットカードには用が無いというのが本音。特に1年以内に退会するれば、何も不利益な契約にはならないのだけど、他の会社とアマゾンの違いは歴然としているだけに、入会後の利用率は高いようにも感じる。

その一つの理由が『アマゾンで年に一回、マスターカードで買い物をすると、年会費が無料になる!』ということ。筆者なら、毎月複数回の購入があるので、クレジットカードの年会費は99%の確率で無料になる。

正直、いくらだっていいんですよ!余り真面目になり過ぎて、考えまくってしまうと、5,000円分のポイントを獲得すること自体が遠くなってしまう。

三井住友銀行の画面の後はアマゾンが出てこない不思議

アマゾンからの訴求が魅力的過ぎて、一旦、欲しいものを購入したい気持ちを抑え「欲しいものリストに保存」したら、バナーをクリックして、クレジットカードの手続きに進む。すると、三井住友銀行とアマゾンは提携しています的な画面が表示され、そのあとは『5分程度で必須項目の入力が完了』した。

てっきり、アマゾンの画面に遷移するのかと思い、5,000ポイントを獲得出来ました!というメッセージが表示されることを期待していたけど、いつまで経っても三井住友銀行の画面しか表示されないし、メール通知でもアマゾンからのメッセージは無い!!!!!

これって、今の段階だと、単純に『クレジットカード登録させたし、アマゾンさんからしたら、手数料が入ってくるから、あとは知~~~らね~~というメッセージ』ととらえるに事足らない感じがするのは筆者だけなのだろうか。あまりにも淡白なとりひきである。(ま、普通だよね)

アマゾンからポイントが加算されるのはいつの日か!?

ネット上の記事では、リアルタイムで加算されるという内容の情報が散見されるが、24時間経過してもアマゾンからは何の音沙汰もないし、アカウントサービスからアマゾンのポイント残高を確認しても、まったく増えていない状況に不信感をぬぐい切れない。祝日だからなのだろうか。そう信じたい。

その場で5,000ポイント追加されず3週間が経過

アマゾンと三井住友(マスターカード)の密な連携により、以前ならネット上の情報で、1週間程度で発行されたテンポラリーカードが今となっては無くなっていることが発覚した。ポイントが追加されるのは、引き落とし口座情報(印鑑が必要)を三井住友に送付してから1週間程度(書類受取りまで2週間)。要するに、アマゾンで欲しい商品があったとして、「クレジットカード登録によって得られるポイントを使う」という場合には、購入を3週間先延ばしにする必要があったのだ。

結果的に、初回の手続きから3週間後、郵便書留でアマゾンのクレジットカードが届き、アマゾンのアカウント情報にあるポイントを確認すると、バッチリ5,000ポイントが追加されていることを確認。

しかし、既に購買意欲の下がった状態なのが残念。

この記事は参考になりましたか?

0
227
Return Top