知るカンパニー | 知って転換、知恵メディア。【公式サイト】

顧問名鑑が怪しいと噂なのは営業方法が原因?口コミ評判や費用を取材!

最終更新日:2022-05-25
顧問名鑑が怪しいと噂なのは営業方法が原因?口コミ評判や費用を取材!

顧問名鑑は、中堅規模の会社やベンチャー企業を対象に、有能な顧問を紹介する事業拡大支援サービスです。

顧問名鑑が怪しいという一部の噂がありますが、これは営業方法を悪く取った人が広めていることで、会社の事業やサービスの内容については全く怪しいところはなく、むしろサービスが好評で利用者が増えています。

本稿では、なぜ怪しいと噂されているのかの真相やサービスなどについての口コミ評判、利用する際に必要な費用など、取材と調査で徹底的に顧問名鑑の全容を明らかにしたいと思います。

この記事でわかること
  • 顧問名鑑の歴史、2009年からサービス開始
  • 顧問名鑑は顧問を紹介する事業、費用は顧問の経歴や対応領域などで異なる
  • 顧問名鑑が怪しいと噂される理由は営業電話と誤認にあり
  • 顧問名鑑を利用した企業の方による口コミ評判
  • 億の売上アップや新規開拓など顧問名鑑による成功事例
  • 圧倒的な成長が見込める顧問名鑑で働く社員の評判
  • 顧問名鑑が取り組んでいる顧客満足度向上のための施策
  • 顧問名鑑担当者から読者へのメッセージ

顧問名鑑について

顧問名鑑のHP画像

顧問名鑑とは、株式会社顧問名鑑が提供しているサービスの名称で、中堅規模の会社やベンチャー企業の事業拡大を支援するために、顧問を紹介する事業のことです。

会社は二本社制で、東京都中央区京橋と愛知県名古屋市中村区名駅に本社を構え、支社や支店、営業所は大阪や福岡、札幌といった日本の主要都市14箇所に設置され、グループ全体での社員数は2022年3月31日現在で2,003名を数えます。

グループ会社の歴史は25年ほどで、顧問名鑑の取引実績は7,000社以上、累計契約数は16,838件(2020年9月期まで)となっています。

顧問名鑑の事業を簡単に説明すると、元ソニー副会長、元トヨタ自動車副社長、元NTTドコモ社長、元マクドナルド取締役執行役員・元野村證券常務執行役員などなど、大手企業などで経験を積んだ有能な顧問候補者を多数登録していて、事業拡大を計画している企業に対し、相性の合う顧問候補者を紹介するという、ビジネスマッチングサービス事業です。

会社の歴史

担当者様
グループとしての設立は1997年10月1日ですが、顧問名鑑の創業は2009年です。
最初はグループ企業であるレイスで立ち上げられた「経営顧問事業」が軌道に乗り、そのまま「顧問名鑑」という一つの会社として事業を継続し、国内最大の経営顧問マッチングサービスとして確立されました。
実績としては、サービス開始から今までに7,000社以上の企業をサポートしてまいりました。

顧問名鑑のサービス・費用

有能な顧問を雇うには高額な費用がかかることが予想されますが、顧問名鑑のサービスはどのような内容で、費用・料金はいくらぐらいなのでしょうか?

経営顧問のマッチングサービス

ビジネスマッチング

担当者様
顧問名鑑には上場企業を牽引した24,000名以上の役員・部長経験者が登録されています。
そういったエグゼクティブの知見と人脈をフルに活用すべく、成長したい会社と顧問との間に入り、経営顧問のマッチングサービスとして顧問名鑑は機能します。

三位一体のサービスが特徴

3者

担当者様
顧問名鑑、クライアント様、顧問の3者が最大限連携して行う、三位一体のサービスが当社の特徴です。

顧問側からは、経営全般に対する課題抽出を行った上でのアドバイス・商談設定のアドバイス・キーマンとなる決済者やそれに準ずる方との商談設定などの経営支援を受けられます。

また、当社からは専属の担当者をクライアント様につかせていただき、プロジェクトの進捗管理やスケジュールの設定を行います。

さらに、必要があれば顧問に対する改善指導を行うなど、適宜プロジェクト成功に向けサポートしてまいります。

国内最大手の顧問事業パイオニア

担当者様
「人手不足」「シニア人材の活用」「シェアリングエコノミー」など、現在日本の企業を悩ませているワードが連日メディアを賑わせています。
当社の事業はそれらのワードに対応すべく、そのはるか10年近く前に誕生していたことからも、我々の「先見性」が証明された格好となりました。

当サービスによって、顧客はあらゆる業種の知見を手に入れられること、無制限かつ広範にわたり人脈を拡張することが可能となりました。
当時似たようなビジネスモデルの展開もなく、当社は顧問事業のパイオニアとして、この新しい市場を切り拓き、現在も国内最大手として売上高で50%超のシェアを誇っています。

顧問候補者指名や面談は費用無料

電卓を持つ男性

担当者様
契約はクライアント様と顧問を引き合わせて、顧問として受け入れたいと判断いただいた上でのご契約となりますので、顧問候補者の指名や面談・面談後の簡易的な所感報告についてはすべて無料です。そのため、安心してご依頼いただければと思います。

また、費用や料金は顧問の経歴や対応領域などで異なってきますので、費用や料金について明確にして納得していただいた上でのご契約となります。

顧問名鑑が怪しいと噂される理由

顧問名鑑のサービスを利用したいと考えた方は、顧問名鑑が怪しいというネット上のワードが気になってしまうかもしれません。しかし、これはサービスのことを指して怪しいと言っているのではなく、「電話による営業方法」や「投資顧問業と誤認されている」という2つの事柄が原因となっています。

電話による営業方法

顧問名鑑では、事業拡大が見込める中堅企業などを対象に電話による営業を行っています。
営業電話は電話をとるだけ無駄、営業電話の全ては詐欺、というようにマイナスイメージを持っている方が多くいらっしゃいます。
しかし、顧問名鑑の利用は多くの会社にとって事業拡大や経営革新、組織育成のチャンスとなるので、顧問名鑑側はそのサービスに自信を持ち、話を聞いていただきたいから営業電話をかけているのです。

投資顧問業と誤認されている

また、顧問名鑑が投資顧問業と誤認されているという側面もあります。
投資顧問業は、「年利○%でリスクのない資産運用」「スマホで資産運用できる」「必ず値上がりする株式銘柄」などとうたい、ユーザーに対して投資の指南を行う事業です。
顧問名鑑は事業拡大に協力する顧問を紹介するサービスであり、投資や資産運用についてのアドバイスを行う投資顧問を紹介することはありません。

顧問名鑑の口コミ評判

顧問名鑑の口コミ評判

実際に顧問名鑑を利用した企業の方による、顧問名鑑の口コミ評判を集めてみました。

営業電話で話しを聞いてみてよかった

私は営業電話をする会社というものは全て怪しいものだという先入観がありました。
しかし、顧問を紹介してもらって事業拡大の手助けをしてもらうという、顧問名鑑のサービスは私共がまさに必要としているサービスでした。まずは電話で話を聞いてみて、そのあと無料の説明やインタビューを受けて詐欺などではないことも確認し、今では仕事のできる顧問を紹介してもらって感謝しています。

顧問名鑑のメインの営業方法は営業電話です。そのため、営業電話に偏見をもつ方には“怪しい”と判断されてしまうこともあるようですが、少し調べてみれば、顧問名鑑がこれまでに紹介先企業と問題になったという事実はなく、純然に自社のサービスを紹介するために電話で営業活動をしていることが分かります。

顧問を紹介しておしまいではない手厚いサポート

顧問名鑑は、顧問を紹介する仲立ちだけのサービスだと思っていました。それが実際には、専属の担当が自社のことを徹底的に分析してくれて、今、どのような顧問が必要かを明確にしてくれました。
相談する相手が顧問と顧問名鑑の担当者、2人もいるので非常に心強いです。

顧問名鑑はクライアントをサポートすべく、ミーティングなどで企業の問題を明らかにしていきます。さらに、顧問に対して指導をすることもあり、プロジェクトを成功に導くべく、様々な角度からのサポートを行います。

業界シェアが半分以上と聞いて安心した

顧問名鑑を知った際に、顧問紹介という業態で業界シェアが半分以上と聞きました。業界で半分のシェアというのは圧倒的で、さすがこの事業を10年以上も前に始めた会社だなと思いました。顧問の候補者も2万人以上もいて、自社に合う人が必ず見つかると感じました。

顧問名鑑に登録している会社役員や部長OBは24,000名以上です。経営顧問のマッチングサービスの先駆者として、その数は大きな武器となっています。

顧問名鑑の口コミ評判まとめ

最初は顧問名鑑に対して怪しいと勘違いしてしまうユーザーもいるようです。
しかし、そのサービスは詐欺などとはほど遠く、顧問の知見やノウハウを活かすということは、企業にとって成長、事業拡大に大いに役立つ内容となっています。

紹介顧問による支援事例

支援事例

実際に新しく顧問を迎えることでどのような事業拡大が見込めるか、紹介顧問による支援事例を紹介します。

10年間新規取引先なしの会社が新規開拓に成功

食品加工用機械卸売・小売業の会社にソーセージ人工皮(ケーシング)メーカー・デブロの元代表取締役社長を顧問として紹介しました。

顧問はまず、大手ハムメーカーなど7社を紹介し、各社キーマンとの商談を実施します。さらに、営業のフォローや指導を行い、継続的に受注できる体制を構築することで、10年間取引先が増えていなかった現状を打破し、就任6ヶ月で新規受注獲得、就任9ヶ月で売上7%増を実現しました。

大手証券会社の取引口座を開設し1億円の売上増

人材紹介業の会社には、元三菱東京UFJモルガン・スタンレー証券の副社長をマッチング。

顧問が着手したのは、取引が見込める企業をリスト化し、キーマンとの商談を実施することでした。そして取引先の人事部と意見交換の場を定期的に設け、受注後も継続的に契約を更新できる体制を構築します。
これにより、大手証券会社2社との取引口座の開設に成功し、売上は1億円も伸びました。

グループ会社への強力な働きかけで1億円以上の取引に

人材派遣業の会社は、元日立製作所の取締役を顧問に迎えました。

顧問は人脈を活かし、日立グループ各社の役員にヒアリングを実施して情報収集を行った上で、商談を実施しました。その結果、1億円超の取引を実現し、受注後も開拓企業の別部署との関係強化を推進して、継続して受注につなげています。

顧問名鑑で働く社員からの評判

顧問名鑑で働く社員の評判

顧問名鑑で働く社員の評判はどうなっているのでしょうか。
現在、顧問名鑑で働いている新卒入社した女性社員からの評判と、担当者様に会社に期待すること、サービスにかける想いを取材しました。

入社1年目から経営層と同じ目線で仕事ができる

新卒入社女性社員様
私がこの会社を選んだ理由は若くして経営者にコンサルティング提案を行い、様々な業界の知識やビジネススキルを身につけることができるからです。

私の周りには大手コンサルティングファームや外資系金融機関、大手飲料メーカーに勤める大学時代の同期が多くいます。しかし、彼らは「社会人4年目を迎えた現在でも上司や先輩の業務の補佐しかできていない」と不満をこぼし、私が「入社1年目から現場で経営者に対して直接提案をしている」と話すと「そんな経験が1年目からできるなんて」と羨ましがられます。

当社の価値はまさにこの部分に感じていて、この圧倒的な成長速度は経営層と同じ目線で仕事ができる点にあると思います。もちろん、百戦錬磨の経営者に「この提案は面白い」と思っていただくためには、その方と同等もしくはそれを上回る知識が必要です。経営者でも気づかない事業運営上のリスク、今後の業界動向を考慮して提案するために、日々研鑽を積み、力を身につけています。

教育制度の拡充を会社に期待

新卒入社女性社員様
当社は抜擢人事を推進しているのが特徴で、入社年次や実力に関係なく、将来の成長を期待して積極的に高い役職を与えています。若手でも多くの成長機会を得られるなど、スキル・キャリアップしていける環境です。
こういった若手を育てる制度を含め、経営層の方達と対等に渡り合っていくためにも、さらなる教育制度の拡充・成長を促せる環境の構築を図っていかなければと考えています。

サービスにかける社員の想い

新卒入社女性社員様
当社は、自分の付加価値を高め続けることができる環境です。「立場が人を創る」という考えのもと、成長を期待して現在の実力以上の仕事を任せてもらえるため、失敗を恐れず挑戦させてもらっています。
確かに非常に難しい事業となりますが、若いうちから経営層の方の考えに触れられる点やその考えに触れることで自身を高めることができるのは、他社では経験し得ないことだと思っています。

そうした環境に身を置くことによって、入社2年目にして主任に抜擢していただき、メンバーを任せていただいています。大企業に就職した私の友人でも、2年目からマネジメント職についている人は1人もいません。同年代と比較して、役職、年収、管掌範囲において、稀有な経験をしていると思います。

顧客満足度向上のための取り組みとニーズ

業績アップ

顧問名鑑が行っている、顧客満足度向上のための取り組みとニーズについて取材しました。

24,000名以上の顧問が在籍

顧問イメージ

担当者様
当社の強みは、ご紹介できる顧問数が非常に多い点です。
国内上場企業で取締役や部長といった要職についていた、実に24,000名以上の顧問が在籍しています。そのため、ご依頼いただける支援内容も幅広く、新業界への新規開拓販路・営業部門の強化・業務のDXやPPA化・採用問題全般・新規事業の立ち上げなど、多様な依頼に対応させていただきます。

経営課題に見合った最適な人材を提供

マッチング

担当者様
クライアント様が抱える経営課題はそれぞれ異なりますが、どの会社においても1つや2つの悩みは抱えていらっしゃいます。

例えば、自社の商品に関し拡販を狙うため新規出店を計画している企業様があったとして、自社内で出店のノウハウを保有している企業であれば問題ないでしょうが、出店自体はじめての企業様では何から手をつけていいか分からないと思います。
業態によってどの場所に出店すれば効果的か?店舗規模は?土地はどうやって選定する?など、疑問が次から次へと湧いてきます。そういった場合でも、当社の登録顧問の中からその業態に適した顧問を紹介することが可能です。

顧問はいずれもその業界に精通し、結果を出してきた人材ばかりですので単にコンサルを行うだけではなく付加価値を手にすることもできます。どんな経営課題でもそれに見合った最適な人材をご提供できる自信はありますので、まずはどんなことでも1度ご相談いただければと思います。

最後に読者へメッセージ

担当者様
この記事を読まれているということは、何かしらの経営課題があり調べた結果、当社の記事をご覧いただいているのではないでしょうか。中には、経営層の方もいらっしゃるかもしれません。

当社に少しでも興味をお持ちいただいた方は、これも何かのご縁と考え一度ご相談いただけますと幸いです。顧問の指名や面談の段階では料金は一切かかりませんので、お気軽にお声がけいただければと思います。

今回は少しのご紹介しかできませんでしたが、当社がどのような依頼を受けているのか?どのような顧問が在籍しているのか?など、コーポレイトサイトに詳しく掲載しております。
ぜひご覧いただいた上で、依頼の可否をご判断いただけますと幸いです。宜しくお願い致します。

顧問名鑑の公式サイト

まとめ

怪しいと噂されている顧問名鑑について、営業方法や口コミ評判、費用について取材と調査で明らかにしました。

怪しいという噂の原因は営業電話で、顧問名鑑のサービス自体については詐欺などの不法的な面はまったく見られませんでした。それどころか、顧問を紹介するサービスは好調で、累計契約数は右肩上がりになっています。

事業拡大や経営課題といった大小の悩みを抱えている企業にとって、顧問名鑑は力強いサービスとなるので、まずは無料相談だけでも検討してみるのはいかがでしょうか。

Return Top