知るカンパニー | 知って転換、知恵メディア。【公式サイト】

リアルプロモーションの松本剛徹とは?事業内容/評判/創業秘話を取材!

最終更新日:2022-07-13
リアルプロモーションの松本剛徹とは?事業内容/評判/創業秘話を取材!

リアルプロモーションは、松本剛徹さんが代表取締役を務める、マーケティング・コンサルティング会社です。

松本剛徹さんは有名企業での勤務経験や会社創業&売却などさまざまな業界で経営のイロハを学び、現在はリアルプロモーションで良い商品やサービスの素晴らしさを世の中の1人でも多くの人に広めていく事業に注力しています。

リアルプロモーションの事業内容はマーケティング、コンサルティングがメインで業界からの良い評判も得ています。

本稿では、松本剛徹さんに取材して、創業秘話や就活生や若者へのメッセージなどを聞くことができているので、単にホームページを見ただけではわからない、リアルプロモーションと松本剛徹さんについて深掘りした内容となっています。

この記事でわかること
  • 松本剛徹のプロフィール・人物像・著作
  • リアルプロモーションのサービス内容、顧客ターゲット層
  • リアルプロモーションの歴史
  • 松本剛徹についての評判口コミ
  • リアルプロモーションで働く社員からの評判
  • 今後のリアルプロモーションはどうなる
  • 松本剛徹からの就活生へのメッセージ
  • 松本剛徹の決意

リアルプロモーションの松本剛徹代表について

リアルプロモーションの松本剛徹代表について

リアルプロモーションの松本剛徹代表について、プロフィールや経歴など、個人的な情報を紹介します。

松本剛徹のプロフィール

名前:松本剛徹(まつもと たかのり)
生年月日:1985年11月1日生まれ
出身地:神奈川県
居住地:東京都
身長/体重:180cm/70kg
血液型:O型
最終学歴:慶應義塾大学環境情報学部卒
現所属:リアルプロモーション代表取締役、デジタルアスリート社外取締役、瞬読取締役

家族構成・人物像

松本剛徹さんは妻と娘2人という家族構成です。
人物像は気分屋でハマったらとことんという性格だと自身で語っています。

大学卒業後の経歴

慶應義塾大学環境情報学部を卒業後、50社の入社試験を受けた中で唯一内定をもらった富士通株式会社に入社します。
富士通株式会社ではシステムエンジニア(SE)職でしたが、ITやプログラミングに対して興味を持てず、仕事が辛いだけで楽しくないという理由で退職しています。

その後、中途採用で株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)に転職します。
DeNAでしていた仕事は、デジタルコンテンツを使う会員を増やすこと、モバゲーでのアフィリエイト事業、物販などでした。
しかし、転職から半年で「自分で新しい事業を経営しよう」と決め、退路を断つために会社も辞めることになります。

会社・事業売却を経てリアルプロモーションを設立

それからは、起業して会社・事業を成長させてから売却というサイクルが始まります。つまり、世に言う連続起業家(シリアルアントレプレナー)としての人生がスタートすることになります。

最初に始めた事業は内装会社と改装したい飲食店をネット上でマッチングさせる「マッチングサイト」でした。
次にスマホ集客やマーケティング事業を行い、さらにはBtoCの通販事業を行う「株式会社リアルネット」を創業し、「病院とクリニック」も立ち上げて最終的に売却しています。
最後は「通販事業」をやって1億の売上まで達しましたが、それも売却しています。

そして2019年10月1日にリアルプロモーションを設立しました。

松本剛徹の著書

松本剛徹さんはご自身の経営経験を活かし、複数のビジネス本を出しています。
その著書リストは以下のとおりです。

松本剛徹の著書

  • ゼロからはじめるスマートフォン集客術―7000万人のユーザーが顧客に変わる!(2013年3月発売)
  • 売上ゼロからわずか1年で年商5億円を達成したスマホ通販完全マニュアル:スマホマーケティングの決定版(2018年3月発売)
  • ゼロから年商10億円企業を創る(2021年3月発売)
  • 99%失敗しない 新規事業の創り方 ※小島幹登氏との共著(2022年6月発売)

松本剛徹さんの著書(Amazon)

松本剛徹が経営するリアルプロモーションとは

松本剛徹が経営するリアルプロモーションとは

リアルプロモーションとは、企業や個人が提供する良い商品・サービスを世の中に広めていくための支援をする、マーケティング、コンサルティング会社です。
会社はJRの品川駅と直結する東京の一等地、東京都港区港南2-16-4 品川グランドセントラルタワー8階にあります。

社名の意味は2つあり、1つは本物の商品・サービスのマーケティング支援を行う集団であること、2つ目は、提供するサービスとマーケティングが本物であることから名付けられました。
本物である自信から、初期費用や月額費用などは一切請求せず、完全成功報酬型でサービスを提供しています。

そんなリアルプロモーションの事業内容やターゲット層について、松本剛徹さんに取材しました。

完全成功報酬での総合マーケティング支援事業

松本剛徹さん
リアルプロモーションでは主に3つの事業を行っていて、メインとなるのが総合マーケティング支援事業です。

これは、BtoB向け商品・サービス及びBtoC向け商品・サービスを弊社独自のマーケティングスキームを用いてプロデュースする事業となります。
その内容は、ランディングページ制作や広告運用を行うだけではなく、商品サービスのコンセプト設計や事業戦略設計であったり、書籍出版・広報PRだったりと、総合的なお手伝いになります。

初期費用や月額費用は一切なく、完全成功報酬でのサポートになります。

講演会運営やコンサルティングサービス

松本剛徹さん
2つ目の事業として講演会・イベント事業を行っています。
著名人・実業家の方をお招きして、中小企業の経営者や個人事業主・ビジネスマン向けに、講演会やイベントを開催しています。講演会の内容ですが、主にマーケティング戦略・多角化戦略・経営戦略などがあり、その他多岐に渡るテーマで運営しています。

そして3つ目は経営コンサルティング事業として新規事業の立ち上げのコンサルティングサービスを提供しています。
ビジネスモデル設計・マーケティング戦略・営業戦略・商品企画など、新規事業を立ち上げる際に非常に大事になる部分を中心にコンサルティングを実施しています。

サービスのターゲット層は経営者

松本剛徹さん
講演会については、大規模なフォーラムであれば1,000人、小規模なものであれば50人程度で開催しています。
ターゲット層としては、年商で言うと10億くらいの経営者の方々で、来られる方は紹介半分、依頼半分ですが、基本的に私が営業して、直接依頼しています。

講演会は参加者の状況に合わせて予定していた内容を変更したり、講座途中でも別の話が良ければ、話をそっちに変えていったりするなど、臨機応変に対応しています。また、参加している人の課題に合わせて特別回を行ったり、フォローアップをしたりしています。

講演会で話される方は文句ない実績を重ねられた方々ですので、参加者の方が、勉強になったな、タメになったなと思うだけで終わりではなく、早速明日から使えるような具体的な方法論やノウハウを身につけられる、そういう部分を大事にしています。

リアルプロモーションは松本剛徹が2019年に創業

リアルプロモーションは松本剛徹が2019年に創業

リアルプロモーションは、2019年に代表の松本剛徹さんによって創業された会社です。
これまで様々な会社を起業してきた松本剛徹さんですが、当時の苦労話をお聞きしました。

松本剛徹さん
リアルプロモーションは、2019年10月1日に私個人の起業としては5つ目の会社として創業しました。
これまでの会社員(富士通やDeNA)としての経験や経営者としての経験を活かした事業になっていますが、一番似ているのは株式会社リアルネットという会社で行っていた、スマホの集客やマーケティングの事業ですね。

独立当初の所持金はほぼ0円だった

松本剛徹さん
最初の会社を立ち上げた時は資本金がたったの20万円ぐらいですぐに底をつき、会社の預金残高は5万円ぐらい、自分個人の所持金はほとんど0円という状態でした。会社に残ってるお金が月末5万円で、来月も売上上がらなかったら終了、みたいな状況になって、その時は会社に寝泊まりして、必死に営業してしのぎました。

現在のリアルプロモーション創業時にはさすがにそのようなギリギリの状態で創業するようなことはせず、資本金もちゃんと300万円あります。

松本剛徹に関する評判口コミ

松本剛徹に関する評判口コミ

松本剛徹さん個人に関する評判口コミはネット上では見つからなかったので、ここでは著書に関する評判口コミを紹介します。

本当に経営を経験している人だからこそわかる

私も会社を経営しているのですが、「ゼロから年商10億円企業を創る」を読むと、私が経営上で悩み、不安に思っていることがまるっきりそのまま解説されていました。
松本剛徹さんのように年商数十億の会社を動かしている人でもステージが同じ頃は同じ問題を抱えていたのだとわかり、励みになりました。

知るカンパニー編集部
「ゼロから年商10億円企業を創る」は会社の成長ステージを大きく3つに分けて解説しています。
松本剛徹さんは連続起業を経験しているので、各成長ステージの経験が多く、年商10億円企業の創り方について、多くのノウハウを持っています。

スマホ集客について今でも通用する戦術がぎっしり

「ゼロからはじめるスマートフォン集客術―7000万人のユーザーが顧客に変わる!」は2013年に出版された本ですが、いまでも通用する内容です。ネットで集客する場合、スマホを使っての集客が非常に有効だと改めて肝に銘じることになりました。

知るカンパニー編集部
スマホ集客について、何が必要で何が大切なのかがわかる名著が「ゼロからはじめるスマートフォン集客術―7000万人のユーザーが顧客に変わる!」です。会社のサイトを運営するにあたり、分かりやすく役立つポイントが紹介されています。

会社を経営する人のバイブル

会社のステージを意識して成長させて、売却して利益を得るまでの流れが分かりやすく解説されていました。
ここまで手法を明かして良いのかと驚くほど、具体的なノウハウが紹介されてあり、経営者の身としては非常に面白く、真似していきたいと思う内容です。

知るカンパニー編集部
「ゼロから年商10億円企業を創る」は、読者の多くに“気づき”を与える内容が高評価です。

松本剛徹に関する評判口コミまとめ

これまでの4作の著作に対する評判口コミでは、具体的な経営の進め方や実際に松本剛徹さんが実施した経営戦術が好評でした。
経営術の核心部分も隠すことなく紹介しているので、世の経営者の多くが松本剛徹さんの手法に感心し、その手法を真似して成功した人も多く、多くの経営者ファンから感謝の声があがっています。

リアルプロモーションに対する社員の評判

リアルプロモーションに対する社員の評判

リアルプロモーションに対する社員の評判はどのようなものがあるのか、現在リアルプロモーションで働いている社員の方に取材しました。

講演会で貴重な話が聞ける

リアルプロモーションの講演会には社員も参加しているので、社員自身が勉強になるのはとても大きいです。
参加されているのが経営者の方なので、そういう方々と話をしたり、聞けたりするのでとても勉強になっていると思います。
本来であれば受講料を払わないと聞けないような知識や経験が豊富な話、なかなか他では聞けないような話を聞けるので、その内容を活かせる人は成長速度がめちゃくちゃ早いです。例えば新卒で入った社員が2年くらいで部長や役職に就いていたり、3年目で独立したりする社員もいます。

成長速度と裁量権が大きいことが働きがい

働きがいに関しては個人の裁量権が大きいことがあげられます。
能力に対する評価が大きく、入社2年目で部長になった人もいるくらいですので、年功序列ではありません。
成果を出せばどんどん上に上がれますし、賞与も多いことはやりがいになります。

リモートワークで気持ちに余裕ができた

思ったことや考えていること、困っていることは言いやすい環境です。
相談したことについては全て解決してくれていますし、頑張った分は正当に評価されていると思います。あとは、基本リモートワークが可能なことが大きいです。もちろん出社することや外出する事もありますが、やはりリモートワークのメリットは大きいと思います。通勤時間がかからないことはもちろん、隙間時間でやりたいことが出来るなど、あらゆる面で気持ちにゆとりができています。

より良いサービスを提供するための取り組み

より良いサービスを提供するための取り組み

お客様に対して、リアルプロモーションが今後どのような取り組みを考えているかについて取材しました。

革新的なサービスを世に送り出したい

松本剛徹さん
今までになかった新しい視点や切り口から、全く新しい革新的な商品・サービスを企画開発して世に送り出していきたいと思っています。

また、大事なことは、その商品・サービスが本物であることです。
自分たちの新商品・サービスが今までの世になく本物だと思っていても、お客様がそう感じなければ意味がありません。
提供する側と利用する側の双方が、そうだと思えた時こそ、本当の意味で革新的であり本物になります。

そんな革新的かつ本物の商品・サービスを次々と生み出し、より便利で、より快適で豊かな生活を、1人でも多くの人に提供していきたいと考えています。

共通の価値観として掲げる7つの思考行動指針

松本剛徹さん
人が集まり組織として活動していく上で、共通の価値観が必要です。
リアルプロモーションにおいては、次の7つの思考行動指針を共通の価値観として掲げています。

また、この7つの思考行動指針は、ビジネスであれ、芸術であれ、スポーツであれ、結果を出し続ける超一流に共通する思考でもあります。少数精鋭の組織体を維持するためには、この価値観が必要です。

【7つの思考行動指針】

  1. 自ら考え、行動し、協力を仰ぎながら、結果を残す(人に指図されてからでないと行動はしないという、ただの指示待ち人間にはならない。)
  2. 上手くいった時は周りに感謝、失敗した時は自分の責任(上手くいった時は、周りのおかげであると考え、上手くいかなかった時は自分の責任だと思える人こそが、継続的に仕事において成果を出せる人間となる。)
  3. 「なぜ?」と「どうすれば?」を常に自分に問いかける(「なぜ︖」と「どうすれば︖」は自分自身への問いかけとして最強の2つの質問である。良質な答えは、良質な問いかけからしか生まれない。)
  4. 自分の仕事だけやれば良いは論外(仕事は1人でするものではなく、チームや会社の組織としてやるもの。持ちつ持たれつの関係こそが、円滑に仕事を進め、さらに成果を出すためには必要となる。)
  5. お客様は神様ではない(お客様に要望されたとしても、お客様のためにならないのであれば、それはハッキリと断る勇気を持つ。)
  6. 人や物事の50%を見る(常に、人や物事の良い面50%に目を向けるようにしよう。)
  7. 2種類の約束を守る(約束には2つの種類がある。それは、他人との約束。そして、自分との約束である。他人にコミットすることは勿論のこと、自分自身にコミットできる人間になろう。)

松本剛徹代表からメッセージ

松本剛徹代表からメッセージ

最後に松本剛徹さんから、この記事を読んでいる方に向けてのメッセージがありあす。

第一志望に落ちても人生は決まらない

松本剛徹さん
自分もそうでしたが、第一志望から内定がもらえなくても人生が決まることはありません。私はアナウンサーになりたかったけどなれませんでした。なれなかったけど今の人生に満足しています。今ではならなくてよかったと思っているくらいです。

就職活動は人生の一大イベント、分岐点だと思ってるかもしれませんが、どこに行くことになってもそこで人生が決まるわけではありません。その道を極めていくと気付く大事な部分は、どの扉(会社)を開いても同じだと思います。

どんな仕事をしても無駄なことは一つもない

松本剛徹さん
どの会社、どの職種につくかは関係ありません。どの道を進んでもそこで活躍できるかどうか、キャリアを形成できるか、夢を叶えられるかはどの会社でも出来るはずです。
どこの会社にいく、どこに配属される等、その時はすごく気になると思いますが、あんまり関係ありません。
逆に、何でここなんだよと思った時ほど、後々になってあそこに配属になってあの経験をしていてよかったと思うことは必ずあります。無駄なことは一つもありません。何でこの会社でこの仕事なんだと思ったとしても、そこで得られるものや気付きは必ずあります。必ずその経験が生きてくる時があると思います。

松本剛徹の目標

松本剛徹さん
私の目標は、令和が終わる前に時価総額1,000億円を超えることです。昭和の松下・平成の孫・令和の松本になるような、令和を代表する起業家で名前を出されるくらいになりたいと考えています。

まとめ

リアルプロモーションを創業した松本剛徹さんについての個人的な情報や人物像、評判など、また、現在社長を務めているリアルプロモーションの会社概要や事業内容、創業秘話などを紹介しました。

これまでに4つの会社・事業を立ち上げてどれも売却に成功するという連続起業家(シリアルアントレプレナー)の松本剛徹さんは、著作の評判や口コミもよく、自社の経営者として、また、世の経営者を導く伝道者としても高い評価を受けています。

今後は、令和時代に時価総額1,000億円を超えることを目標としていて、令和を代表する起業家になることが期待されているので、ますます松本剛徹さんの活躍から目が離せません。

リアルプロモーションの公式HP

会社概要

社名株式会社リアルプロモーション
代表取締役松本剛徹
事業内容マーケティング支援事業・経営コンサルティング事業・講演会イベント事業
創業2019年10月1日
資本金300万円
所在地〒108-0075
東京都港区港南2-16-4
品川グランドセントラルタワー8階
Return Top