知るカンパニー | 知って転換、知恵メディア。【公式サイト】

グランデータの評判は?ONEでんき契約に悩んだ人へ口コミやサービスを解説

最終更新日:2022-05-13
グランデータの評判は?ONEでんき契約に悩んだ人へ口コミやサービスを解説

グランデータの評判を事前に確認して、新電力サービス『ONEでんき』が自分の家計に向いているか、実際に利用した場合の料金や解約に不安がないかなど口コミを交えながら要点を的確に解説。グランデータに関する、悪い評判も良い評判も、あくまでも客観的かつ知見をもって紹介することで、はじめての新電力選びをする人が迷わないようにする内容を案内します。

先にグランデータの評判をチェックしたい人へ

本記事では、2つの視点で参考になる「評判/口コミ」を紹介しているので、下のリンクからご希望にあう情報へジャンプして評判をチェックしてみてください。
グランデータの評判について
ONEでんきの評判について
※.文末では各種「よくある質問」を掲載しているので参考にしてみてください。

グランデータとは?

グランデータとは

まずは、株式会社グランデータという会社は、どのような事業を展開している企業であるかを解説します。グランデータの評判を確かめる上で、事業と特徴を知ることで、不都合の発生を未然防止することができるので参考にしてみてください。

グランデータの事業について(電気/ガス)

グランデータは東京都豊島区にある、電力およびガスに関連する事業を行っている企業です。電気に関する事業では、電力の小売りと電力の取次販売を実施しています。異なるブランド(企業)と、自社のエネルギー商材を組み合わせることで、様々なユーザーの異なるニーズに対応した付加価値のあるサービスを提供しています。

グランデータが、電力自由化以降、展開している電力サービスは「ONEでんき」という名称で、一部の離島と沖縄を除く日本全国で利用できます。どうぶつ電気というサービスもあり、ペットがいて一日中エアコンを使うという家庭にはお得になっています。

今後の展開(補足)

グランデータのサービスの中でも、電気の次に評判・評価を受けている「ガスに関する事業」については、関東・中部の都市ガス地域に対してガスの取次販売を実施しています。今後、提供エリアの拡大も計画しています。

グランデータの特徴

グランデータの特徴は、電気の使用量が多い家庭では電気代がお得になる仕組みになっているということです。

例えば、大手電力会社と契約している場合、従量料金設定は3段階に分かれていて、段階が上がるごとに従量料金の単価も上がります。グランデータの場合は従量料金の単価が一律で、2段階以上の単価は大手の民間電力会社よりもが安くなっています。そのため、電気の使用量が多い家庭では、大手電力会社と契約するよりも電気代を安くすることができます。都市ガスを利用できる地域に住んでいるなら、電気とガスをセットにすることで、さらに光熱費の節約ができます。

新電力に替えても電気の質が落ちたり停電しやすくなるといったリスクはありません。ただ、切り替えたものの不安に思う場合は、すぐに元の電力会社に戻すことも可能です。

グランデータの評判

グランデータへの評判を紹介

悪い評判が主観的すぎて参考ならない [グランデータの評判1/5]

新電力に乗り換える前には、いくつかの電力会社を比較することがありますが、どの電力会社にもメリットやデメリットがあります。中には、グランデータを含めていくつかの評判を調べたけど悪い評判は主観的なものが多いと気づいた人たちもいます。例えば、手続きが面倒だとか、電話の対応が悪いといったことです。そのため、結局、そういったクレームは無視して、利便性と安さを選び、グランデータに決めたという方も少なくありません。

電力自由化で業者が増えすぎ [グランデータの評判2/5]

電力自由化が始まって以来、多くの業者が参入し、どれを選んだらいいかわからないという方も大勢います。サービスの内容も様々で、比較がしにくいという声もあります。自分で1つ1つ確認するのは時間がかかるので、比較サイトで自分の家の電力使用量にピッタリ合った業者を探したという方もいます。そのような人たちの中には色々比較して、グランデータのサービスが一番シンプルでわかりやすいと感じて契約した人もいます。

結局嘘?電気代高いんだけど・・・。 [グランデータの評判3/5]

グランデータにしても、電気代が安くならない、むしろ高いと感じている人もいます。ただ、最初はそのように感じていたものの、燃調費調整制度が原因だったということがわかって納得できたという人も少なくありません。燃調費調整制度は、燃料価格の変動に応じて電力量料金を調整する制度のことです。原料の輸入価格などが高くなれば、電気代も上がってしまいます。これはどこの電力会社と契約していても同じなので、グランデータが高いというわけではないということです。

解約したのに請求書が届いた…。 [グランデータの評判4/5]

グランデータの契約を解約したのに、後から請求書が送られてきて不安になったという方もいます。でも、公式サイトを確認すると、解約後、最大2ヶ月後に最終の請求書を送ると説明されているので、請求書が送られてくるのは正常のことと言えます。契約状況は、解約してからも一定期間はマイページで確認することができます。解約できているのかよくわからないと不安に思う場合は、「お問い合わせ」のページに掲載されているカスタマーセンターに電話して確認することができます。

電気なのに携帯のようにマイページがある [グランデータの評判5/5]

グランデータで契約するとマイページでいろいろな機能を利用することができます。登録情報の変更などはもちろん、使用量や請求予定金額もわかるようになっています。そのため、主婦を中心としたユーザーからの評判として「前もって電気代を把握できるので、家計を見やすい」と好評です。また、マイページの「契約情報」のところには、オプションの契約状況について確認できる機能も追加されています。

グランデータの評判な新電力サービス「ONEでんき」について

グランデータ「ONEでんき」の要点

ONEでんきについて(サービス概要)

ONEでんきは、基本料金がかからず、従量料金も一律という、使っただけ支払うというシンプルな仕組みのサービスを提供しています。フリープランは電力使用量の多い家庭で電気代を節約することができます。

地域の民間電力会社からの乗り換えも簡単で、申し込みフォームに必要な情報を入力して送信するだけで自動的に切り替えが行われます。紙の申込書への記入、捺印、郵送は不要です。また、工事の立ち合いや機器の設備、複雑な設定なども必要ありません。(後述:ONEでんき「申し込み~利用までの流れ」を参照)

初期費用や解約手数料、違約金などもかかりません。また、「市場連動型プラン」ではないので、電力の卸売価格が高騰したとしても、請求金額に影響はありません。

評判なONEでんき「3つの特徴」

グランデータの評判なONEでんきは基本料金がかかりません。地域の電力会社と契約していても、基本料金は月々の額は数百円という場合もあります。しかし、年間で支払う額を計算すると少額ではありません。そして、これを毎年支払っていくことを考えるとかなりの出費になります。

ONEでんきなら基本料金が0円なのでかなり出費を節約できます。

また、切り替えが簡単で、初期費用が掛からないため、他の電力会社からの乗り換えも多くなっています。解約時にも手数料や違約金がかからないので、とりあえず一度試してみようという方にも喜ばれています。

さらに、オプションをつけなくても充実したサービスを受けられるというのも大きな特徴です。

解約について

基本料金0円/従量単価も一律![ONEでんきの特徴1/3]

特徴1

地域の大手電力会社と契約すると毎月電気の基本料がかかります。グランデータのONEでんきは、基本料がかかりません。また、従量単価は、第一段階も、第二段階、第三段階も同じ料金です。第一段階の単価は、大手の電力会社のほうが安いことがあるのですが、第二段階からは、ONE電気のほうが従量料金が安くなります電気の消費量が多い家庭ほど電気代の節約になります

他の電力会社からの乗り換えが多い[ONEでんきの特徴2/3]

特徴2

他の電力会社からグランデータのONE電気に乗り換えが多いのは、ケースによって、電気代が安くなることはもちろんですが、乗り換えや引っ越し時の手続きが非常に簡単で、初期費用もかからないことにあります。インターネットで簡単に乗り換えの手続きができます。引っ越しすることになっても、現在の利用場所での供給停止希望日あるいは、引っ越し先での利用開始希望日をカスタマーセンターへ連絡するだけで手続きができます。メール問い合わせフォームから連絡することも可能です。

オプション不要な充実した内容[ONEでんきの特徴3/3]

特徴3

つながる修理サポート(S)」または「つながる修理サポート(N)」がプラン契約に含まれているので、毎月の費用を支払うことなくこのオプションを利用できます。

「つながる修理サポート」は特典の対象となっている製品を無償で修理できるサービスです。利用したい時には、サービス規約の中に記されている「つながる修理サポートセンター」に連絡します。なお、「トラブル駆けつけサービス」の場合は、月額の料金を支払えば利用できます。

ONEでんき「料金プラン」

グランデータ「ONEでんきの料金プラン」

ONEでんきの「料金プラン」のフリープランは、基本料金がなく従量料金の単価も一律です。乗り換えてお得になるかどうかは電気使用量によります。

たとえば、一般的に大手電力会社の場合、電気の使用量が120kWh以下に対しては第一段階の従量料金が適用されますが、このケースだとONEでんきに乗り換えるとかえって電気料金が高くなります。

一方、ファミリー世帯で、1ヶ月の電気の使用料が300kWh以上だとすると、段階によって単価が高くなる大手電力会社よりも、段階にかかわらず従量料金が一律のONEでんきに乗り換えたほうが、電気代を節約することができます

▼フリープランの料金表

フリープラン料金表

※.上図の料金はONEでんき特設ページ2020年5月時点

ONEでんき「申し込み~利用までの流れ」

利用開始までの流れ

グランデータの『ONEでんき』に申し込む場合には、たったの2ステップ最短5分程度で手続きが完了します。

  1. お申し込みフォーム
    公式サイトの申し込みフォームに名前や住所などの必要事項を入力して送信します。切り替えの場合は、現在の電力会社での供給地点番号やお客様番号なども必要です。
  2. ご利用開始
    申込み後、入力情報に誤りがなければ、最短で次の検針日から自動的に切り替えが完了します。

お申し込みから、新電力サービスの利用開始までの流れがシンプルで、面倒な手続きが一切いらないので、ストレスなくONEでんきに切り替えられます。

ONEでんきは解約も手軽にできる

グランデータ「ONEでんきの解約」

解約時の安心1いつでも元の電力会社に戻せる

ONEでんきに切り替えたものの、家族が減って電気の使用量も少なくなり、あまりお得感がなくなってしまう場合もあります。あるいは、他の何かの事情でもとの電力会社に戻したいということもあるかもしれません。そういうときでも以前の電力会社に簡単に戻すことができるので安心です。

解約時の安心2違約金・手数料は一切かからない

解約の際に心配なのは、手数料や違約金がかかるのではないかという点です。ONEでんきの場合は、解約に伴って手数料や違約金は発生しません。解約するときの手順も簡単で、「カスタマーセンター」に電話するか、「お問い合わせ」のページから連絡することで手続きが完了します。

グランデータの連絡先

グランデータONEでんきの評判・口コミ

グランデータ「ONEでんき」の評判

電気代が安くならない [ONEでんきの口コミ・評判1/5]

毎日、こまめに電気を消したり、エアコンの設定温度を考えたりして、節電を心がけていたんですが、なかなか思うように電気代を減らすことができなくて。ただ、待っていても安くならないから、ネットでいろいろ調べて、ONEでんきに乗り換えました。元の電力会社より従量料金が安いので電気代も以前より安くなりました。

勧誘に根負けして契約すぐ解約 [ONEでんきの口コミ・評判2/5]

毎月の電気代が高いなと思っていた時に、電力会社から乗り換えを勧める電話がありました。熱心な営業トークに根負けして契約してしまったんですが、なんか不安になってすぐに解約しました。その後、友達からONEでんきのことを聞いて、友達も使っているなら安心と思って私も契約しました。どのくらい電気代が安くなるか楽しみです。

基本料が請求されていた・・・[ONEでんきの口コミ・評判3/5]

ONEでんきにする前は電気代の内訳とかあまり見ていませんでした。ONEでんきのサイトで、基本料を節約できると知って、「基本料って何?」っていう感じで初めて気がつきました。今まで他社とよく考えないで契約していて結構損してしまいました。もっと早くONEでんきに切り替えていればよかったと思います。

新電力は解約が複雑…[ONEでんきの口コミ・評判4/5]

新電力は安いということで、子供に頼んで他社との契約手続きをしてもらいました。でも、あんまり安くならないから自分で解約しようと思ったんですが、今は、なんでもネットなんですね。私はネットに疎いため何回もエラーになって四苦八苦しました。結局そこはやめてONEでんきにしたんですが。60代でネットに弱い人でも簡単に申し込みや解約ができればありがたいです。

従量料金設定が悪いと感じた[ONEでんきの口コミ・評判5/5]

電力会社を乗り換えようと思って、探していたんですが、段階に応じて従量料金が変わるところと一定のところがあるんですね。ONEでんきは単価が一律の会社の中でも一番安かったので選びました。ただ、電気をあまり使わない家庭だとかえって高くなってしまうので、従量料金の設定が悪いと思うかもしれませんね。うちは5人家族で結構電気を使うので、長期的なメリットが大きいと思って決めました。

グランデータと契約するメリット

グランデータと契約するメリット

メリット1:電話や書類手続きが不要

グランデータで契約する時には、電話をしたり書類を書いて郵送するといったことは必要ありません。電話だと掛けられる時間が限られてしまうので、忙しい人にとっては不便です。また、郵送で書類をやり取りすると、切り替えるまでに時間がかかってしまいます。グランデータなら、公式サイトの「お申し込みフォーム」に必要事項を入力するだけなので、時間の制約もなくいつでも簡単に申し込めます。

メリット2:グランデータはガスとセット契約できて楽!

グランデータは、ガスと電気をセットで契約できます。セットで契約すれば、電気代とガス代を一本化できるので、家計管理が楽になります。また、ガスと電気を別々に契約していると引っ越しをする時にも手続きが面倒です。グランデータならガス会社と電力会社に個別に連絡する必要がなくなるので、手間と時間を節約することができます。また、ガスと電気をセットで契約するとガス料金が値引きになるのでお得感もあります。

メリット3:いつでも解約できる安心がある

電力会社はいったん契約するとなかなか解約できないのではないかとか、違約金が発生するのではないかという心配があります。でも、グランデータの場合は、いつでも自由に解約できるので安心です。また、解約するときに違約金や手数料を取られることもありません。他社に乗り換えたり、もとの電力会社に戻すこともスムーズにできるので、いろいろと心配せずにストレスなく申し込むことができます。

グランデータと契約するデメリット

グランデータと契約するデメリット

デメリット1:基本料がないので以前と料金の単純比較がしにくい

グランデータの料金には基本料が含まれていないので、乗り換えたら安くなったかどうかを単純に比較することはできません。ただ、以前基本料が必要な電力会社で契約していた場合、請求書の明細を見ると電力量料金と基本料金が別々に書かれています。以前の請求書の電力量料金部分だけをグランデータの従量料金に換算して計算してみれば、実際に安くなっているかどうかを知ることができます

デメリット2:ネットに疎いとマイページが少々ハードル高め

グランデータに申し込みをすると、契約後に「契約のお知らせ」が送られてきて、そこにマイページへのログイン情報が書かれています。初回ログインパスワードを入力してから、マイページに入り、それからメールアドレスと任意のパスワードを登録する必要があります。ネットに慣れている方なら、何の問題もなくできますが、ネットに疎い方だとやり方がわからない、面倒と感じるかもしれません。各種手続きもマイページからできますが、ネットが苦手な方は、カスタマーセンターに電話するという方法もあります。

デメリット3:いろんなブランドがあるから比較が難しい

新電力に参入している会社はたくさんあるので、どのブランドを選んだらいいか悩むことがあります。基本料金があるところとないところ、従量料金が一定なところとそうでないところといろいろです。単純に比較すると安いのか高いのかわからなくなるということもあります。ただ、グランデータの公式サイトには単身世帯とファミリー世帯の電気代のシミュレーションの例があるので他社と比較するときに参考にできます。

グランデータの連絡先

グランデータの連絡先情報

グランデータとONEでんきを混同してしまい、何をどこに連絡すればよいかわからない人のために、主に会社組織としての情報を掲載している公式サイト(コーポレートサイト)、実際の新電力サービス提供を担っている公式サービスサイト、そして電話番号をまとめましたので、お困りの方はメモをしておくことをおすすめします。

公式サイトの案内

グランデータ公式サイト

グランデータの公式サイトは https://grandata-grp.co.jp/ です。ここから電力サービスおよびガスサービスの詳細を知ることができます。

ONEでんき公式サービスサイト

ONEでんきについて知りたい方は、 https://onedenki.jp/ をご覧ください。

グランデータお申込み専用番号

グランデータと契約したいので申し込みたいという方のための「お申込み専用番号」は0120-293-654です。営業時間は10:00~19:00(年末年始を除く)となっています。

グランデータ問い合わせセンター

グランデータと契約してからわからないことが出てきた場合には、問い合わせセンターにカスタマーセンターの電話番号が記載されていますので、こちらからお問い合わせください。

グランデータ/ONEでんきの「よくある質問」

よくある質問

グランデータについて「よくある質問1~3」

Q1支払い方法の変更申込をしたいのですが、いつの支払いから反映されますか?

A1Webから変更した場合には、登録した月の翌月の請求から変更が反映されます。

A1の補足

なお、電話で変更手続きの問い合わせをした場合も、Web上で手続きをする必要があります。電話終了後に送られてくるSNSに記載されているURLから変更登録をしてください。Webからの手続きが難しい場合は、カスタマーセンターへ電話して、手続き用書面を送付してもらうこともできます。

Q2電力を切り替えた後、初めての請求はいつごろになりますか?

A2電力供給がグランデータに切り替わってから迎えた、初めての検針日の翌月が初めての請求になります。

A2の補足

検針日及び検針日直後にグランデータが電気供給を開始した場合は、切替から最大2か月後が初回の請求ということになります。例えば、3月1日の検針日で切り替えたという場合であれば、3月1日から4月の検針日の前日までの利用分が、5月に初回分として請求されることになります。

Q3グランデータのガスに移行後も「ガス設備定期保安点検」が4年に1度行われますか?

A3「ガス設備定期保安点検」はガス事業法に基づいて行われているものです。

A3の補足

契約をグランデータに切り替えた場合も、引き続き保安点検が行われます。保安点検を実施するのは、ガス供給元が業務委託する会社です。保安点検時期が近くなると、点検に関する案内の通知ハガキが届きます。内容を確認の上、対応するようにしてください。

ONEでんきについて「よくある質問1~3」

Q1電気を切り替えるのに、工事をする必要がありますか?必要だとしたら費用は掛かりますか?

A1原則として、電力会社の切り替えに工事をする必要はありません。

A1の補足

ただし、スマートメーター(電気使用量をデジタルで計測することができる電力メーター)が設置されていない住居の場合は、一般送配電事業者がスマートメーターを取り付けることになります。原則的には設置に費用は掛かりませんが、標準的な通信方式と異なるメーターに取り換える場合などであれば、費用が発生します。

Q2支払い方法にはどんなものがありますか?コンビニ払いはできますか?

A2支払い方法は、金融機関口座振替とクレジットカードのいずれかになります。

A2の補足

コンビニ払いには対応していません。デビットカードやプリペイドカードを利用することもできません。なお、支払い方法を登録した後に変更したい場合は、マイページの「お支払い方法の登録・変更」から変更ができます。あるいは、契約情報の変更にあるフォームに入力して変更することもできます。

Q3利用料金の請求と引き落としはいつになりますか?

A3請求日は利用月の翌月です。利用月というのは検針日の前日が属する月を指します。

A3の補足

例えば、検針日が4月2日であれば、利用期間が3月1日から4月1日であっても、利用月は4月になります。引き落とし日は、クレジットカード決済の場合は、カード会社によって違うので、カード会社に確認してください。口座振替の場合は、毎月26日(26日が金融機関休業日の場合は翌営業日)に引落とされます。

まとめ

グランデータの評判/口コミ、それらの情報について、現在の電気料金を改善するためにONEでんきを利用することが自分にあうかどうか、正しい比較ができるよう情報提供をしてきましたがいかがでしたか。

電力自由化が施行されて以降、エネルギーとは関係のない企業も、「電気×◯◯」といったようなパッケージ商材を販売するようになりました。そのため、私達のような一般ユーザーにとっては、自由度は上がったものの、現在の消費電力に対しての課金額と、グランデータのような会社が提供している『新電力サービス』を利用した場合との単純比較が難しくなっています。

結果として、ネット上で電力会社単位で評判や口コミを確認してはみるものの、書いている人と自分との生活環境がことなることから、正しい判断をすることもままならなくなっています。

そのような中にあって、グランデータのONEでんきのように、様々な企業とタイアップしているエネルギー会社が提供しているサービスには一定の魅力があります。手軽に契約できて、手軽に解約ができるONEでんきなら、はじめて新電力サービスを利用する際の不安も減るため、比較的挑戦しやすいのではないでしょうか。

本記事が、読者様のお役に立てておりましたら幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました。

会社概要

会社名株式会社グランデータ
代表者名代表取締役社長CEO 手島 太一
本社所在地東京都豊島区南池袋二丁目9番9号
資本金582,915,000円(2022年2月現在)
設立年月日2018年7月13日
事業内容インフラ事業
Return Top