知るカンパニー | 知って転換、知恵メディア。【公式サイト】

リョウエイ物流の求人はブラック?ホワイト?物流業界の実態調査!

最終更新日:2020-08-28
リョウエイ物流の求人はブラック?ホワイト?物流業界の実態調査!

リョウエイ物流は現在ドライバーの求人を出している、食品・飲料品、日用雑貨、印刷物、薬剤、国内外のアーティストのツアー機材などさまざまな物を配送している会社です。そこで、今回はリョウエイ物流ホワイト企業なのかブラック企業なのかを調査しました。

一般的に物流業界は会社によって待遇や条件が非常に差がありますが、リョウエイ物流は実際どうなのでしょうか。

口コミや評判を例にしながら、独自にまとめました。

リョウエイ物流ってどんな会社?

リョウエイ物流のサイト

リョウエイ物流は、食品・飲料品、日用雑貨、印刷物、薬剤、国内外のアーティストのツアー機材などさまざまな物を配送している会社です。

配送先も物流センター、卸問屋、店舗、ツアー運営会社などいろいろ。同じお客様に定期的に会うこともあれば、新たな取引先まで出向くこともあります。

創業60年の現在、群馬県から熊本県まで全部で8つの営業所が存在。
全国規模でのサービスを展開しています。

20~60代まで幅広い年齢層の人たちが活躍しており、女性ドライバーも少ないながら在籍しています。
「色々な場所に行きたい!」「日本の物流を支えたい!」などと考えている人にぴったりの会社です。

リョウエイ物流の業務内容は一般的な物流

並んだトラック

リョウエイ物流の仕事内容は一般的な物流会社と同じです。
ここでは、物流業界の主な仕事内容を紹介します。

1.保管

倉庫などで商品を保管すること。商品を倉庫に保管しておくことで、市場が求めているときに必要な分を安定供給しやすくなります。

2.荷役

倉庫内での荷物の積み下ろし、運搬、入出庫、ピッキング、仕分けなどの仕事の総称。
それぞれの作業をいかに効率的に行うかが、物流会社の品質につながってきます。

3.流通加工

箱詰め、ラベル貼りなどの加工作業を行い、商品の付加価値を高めていきます。

4.梱包

段ボールや木箱などに商品を梱包することで、傷がつかないよう保護します。

5.輸送

商品を指定通りに納品先まで届けます。
トラックドライバーは安全運転を心掛ける必要があります。

6.情報管理

ロケーション管理、入出庫管理、入荷・出荷管理、在庫管理などにWMS(倉庫管理システム)を使って行います。ほかにも、出荷検品システムや輸配送管理システム(TMS)などが利用されることが多いです。

現在はどんな職種の求人募集が出ているのか

リョウエイ物流では主に以下の職種で求人が出ています。

1.運行管理

ドライバーが安全に荷物を運べるよう、ドライバーに乗務指示を出し、配送ルートの指示なども行います。

食品用、大型荷物用など、運ぶ物に対して適切なトラックを選択することも重要な仕事の一つです。

2.トラックドライバー

リョウエイ物流では主に4トントラックと大型トラックの運転手を募集しています。

地域配送がメインですが、たくさん稼ぎたい人のために長距離配送を依頼することもあります。運転が好きな人、体を動かしたい人、大型トラックに憧れがある人などにおすすめの仕事です。

リョウエイ物流の採用に関する口コミ/評判

以下、ネット上に書き込まれていたリョウエイ物流に関する評判や口コミです。

仕事を、個人を評価してもらえる。(30代/男性/現社員(正社員))

私がいた営業所では、基本的にみんな仲良しで雰囲気は悪くないと感じました。居心地は悪くないと思います。(30代/男性/元社員(正社員))

仕事内容によりますが、基本的に、日曜、祝日は休みでした。ゴールデンウイーク、お盆、年末年始は基本的に休めると思います。(30代/男性/元社員(正社員))

自分のスキルを生かし仕事が出来る。(50代/男性/現社員(正社員)/営業系)

給与は完全歩合制だったので、仕事を頑張ればそれなりに給与もあると思います。(30代/男性/元社員(正社員))

同じ物流業界にはどんな口コミ/評判が多いのか

夜の高速道路

次に、物流業界にはどのような口コミ/評判があるのかを調べてみました。

1.運転スキルが身につけられる

トラックドライバーになると運転スキルを身につけることができます。

時間通りに荷物を到着させることができたときなどにはやりがいや達成感を得られるだけでなく、お客様から感謝されたり、時にはプレゼントなどをいただいたりすることもあるそうです。

2.仕事が激務

ベテランドライバーの中にはきつくないし、運転中は一人なので気楽という人もいました。

ただし朝早くから運搬をしたり、時間通りに納品先に着かなくてはならなかったりするなど、厳格な時間管理をしなくてはなりません。

あとチルド輸送の場合は温度管理など細かい部分も求められるようです。

3.事故が発生する

事故をゼロにすることは物流会社にとって最も大切なことの一つですが、会社によってはなかなかそう上手くはいってないよう。

繁忙期は特にその傾向が強く、その対応が辛く、やめてしまう人もいるそうです。

事故や従業員の過労死などをなくすため、会社によっては社員の健康管理や安全管理に力を入れています。

リョウエイ物流がホワイトなのかブラックなのか

物流業界というと「拘束時間が長く、激務である」「給与が少なく、不安定な生活を強いられる」「サービス残業が多い」といったイメージがあるかもしれません。

確かに一昔前は、そのような側面もあったと思われます。

しかし現在、物流業界は全体で労働者の働き方改革に力を入れています。

その大きな理由の一つが、「人手不足」です。

物流業界は上記のような理由から近年は若年層を中心に就職を希望する人が減っています。そのため、業界全体で深刻な人手不足に陥っているのです。

これを解消するため、リョウエイ物流含め物流会社は、誰もが安心して長く働ける職場環境の構築に注力しています。

なぜ物流業界は人手不足が続くのか?

重ねられたダンボール

上記の通り、物流業界は現在、人手不足に悩まされています。その大きな要因の一つが、インターネットショッピングの普及です。

今や誰もがAmazonや楽天などの通販サイトで、気軽に買い物をできるようになりました。その結果、急激に需要が高まったのが、配送業です。

しかし仕事量の急増に対して、宅配ドライバーは新たな人手を確保できていません。高齢化と若手の減少により、状況は悪化しているぐらいです。

そのため、リョウエイ物流をはじめとした物流会社はドライバーなど働く人の労働環境改善に取り組んでいます。

リョウエイ物流で働くなら「こんな人がお勧め」

リョウエイ物流で働くのであれば、まず責任感の強い人がおすすめです。

お客様は必要な物が必要なときに手元に届かなければ困ってしまいます。だからこそ、「ちょっとぐらい遅れてもいいや」ではなく、「時間通りに間に合わせよう!」という強い意志のある人が向いています。

またドライバーとして働きたいけれども、長時間労働など職場環境に不安があるという人にもリョウエイ物流はおすすめです。

リョウエイ物流では、社員全員が安心して働けるよう、働き方改革に力を入れています。

無理のないスケジュールを組み、休暇も事前に申請すれば連休なども取得できます。
和気あいあいとした職場で、楽しみながら仕事に励むことができます。

まとめ

以上、リョウエイ物流の求人について紹介しました。

リョウエイ物流をはじめとした物流業界は現在、人手不足に悩まされており、人材獲得に力を入れています。

そのため、職場環境の整備にも注力しています。
ぜひ物流業界で働きたいと考えている人は、リョウエイ物流も選択肢の中に入れてみてください。

Return Top