知るカンパニー | 知って転換、知恵メディア。【公式サイト】

お湯が出ない時の対処方法!給湯器起因のトラブルが発生したら相談する相手は誰?

最終更新日:2019-02-14
お湯が出ない時の対処方法!給湯器起因のトラブルが発生したら相談する相手は誰?

お湯が出ない時って、何が原因なのか必死に考えるけど、素人に判るのは、給湯器のリモコンに表示されているエラーから説明書を確認して特定できるトラブルの原因だけ。だから、説明書に掛かれていない現象だと、どうしてもアタフタして冷静な判断なんかできない!特に秋冬の時期だと、寒さから風邪を誘発することだってあるし、家族の中に子供やお年寄りがいたりすると、お湯が出ないという状況は死活問題ですよね。

今回は、そんな『お湯のトラブル』で最もニーズが高い、給湯器起因のトラブルである下記について対処方法と、原因や解決策を相談できる相手を紹介します。

  • ユニットバスの中(お風呂/シャワー)
  • 洗面台の蛇口とシャワー
  • キッチン廻り

上記3ヶ所は、お湯のトラブルが最も多い場所なんだけど、原因の8割が『給湯器』という現実がありつつも、一体、誰に連絡したらいいのかわからない貴方。それが普通なので安心してください!建築&リフォーム業界の経験者じゃないと判らないですよ。だから、この記事では、リフォーム業界でトップセールスをしていた筆者が、先ほど紹介した、ユニットバス/洗面台/キッチンの3カ所でのお湯のトラブルに悩むあなたを助けます!!!!

給湯器を修理してくれる業者を探せ!

給湯器の故障が本当の原因なのかは、前回執筆したこちらの記事を参照してくれれば判ることなのだけど、今回も紹介するとすれば、ガスメーターの安全装置と、解除ボタンは試しておいてから給湯器業者には連絡をするようにリスクヘッジして欲しい。損はしてほしくないですからね。

前回の記事では紹介できなかったけど、給湯器を製造しているメーカーは限られていることはご存知でしょうか?

  • リンナイ
  • ノーリツ
  • パーパス
  • パロマ
  • 日立
  • 三菱電機
  • パナソニック
  • コロナ
  • ダイキン

主要9メーカーが軒を連ねている状態。ま、リンナイとノーリツの2強だとは思いますが、他の7ブランドも健闘しているし、ガス会社だと東京ガス・大阪ガスといったインフラ会社だって負けてはいない?というのはどうでもいいですが、給湯器が故障した時に、修理をしてくれる業者が必要ですが、安く済ませたいというご要望を満たせるのは専門業者なんです。

よくある話として、プロパンガスで契約している業者に電話相談をするという、ベターなケースですが、筆者はリフォーム会社でトップセールスをしていたので、少し違ったアプローチをします。

給湯器だからこそ相見積もり!

給湯器の故障が、お湯の出ない原因だと判った瞬間、とるべき行動は全く異なってきます。単純な修理なら、住宅を施工した工務店やハウスメーカー、マンションなら管理会社や不動産会社に連絡をするのですが、こと一戸建てに関して言えば、連絡するべきなのは、他にもあります!

  • 給湯器専門業者×2社以上
  • ハウスメーカーや工務店
  • 地元のガス会社

理由は簡単!利害関係のある会社ではない『給湯器専門業者』には、ハウスメーカーや管理会社へ電話相談した後にかけましょう。その後には、地元のガス会社へ電話して、その際には給湯器専門業者から提示された交換工事の見積もり概算額を伝えましょう。

それらの情報が整った段階で、最も安い金額を提示した会社はどこですか?もしも、給湯器専門業者よりも、安い金額を提示した業者がいた場合には、給湯器専門業者に対し他の会社の方が安い値段を提示したという事実を伝えましょう。

そして、給湯器を沢山さばいている、専門業者が「これ以上は無理」といったら、その金額が最安値だと判断することが出来ます。ただ、もっと追い求めるなら、地元のガス会社やハウスメーカーや管理会社にも、最終的に「この業者さんが安かったけど、御社はどうですか?」と質問をするようにしましょうね!

なぜメーカーに連絡しないの?

確かに保証期間内ならメーカーに連絡するというのは得策です。ただ、給湯器の寿命は10~15年ですし、本当に給湯器が原因ならば、施工した会社に電話した段階で無料対応を受けられることがほとんど。だから、相見積もりをとった段階で保証が判明しないなら、あとは最安値で給湯器交換できる業者を探すのが先決になるんです。

だからメーカーに直接連絡をすることなんかないんですね。(説明書をちゃんと読んでいる場合ですよ)

リンナイやノーリツといった主要なガス給湯器メーカーを取り扱っている事業者は沢山あります。要するに代理店が星の数ほどあるということなんです。代理店は、中間マージンこそ発生するものの、受注数が多ければ、メーカーに発注している物量も多くなるので、単価が劇的に下がる傾向にあるんです!

しかも、全国に展開しているような、給湯器専門業者差なら、地域ごとに自社が取り囲んでいるガス屋さんがいるので、地域密着と同じレベルのサービスが提供できる。しかも仕入れ値が劇的に安いから、給湯器本体価格を最大で70%近く押さえながら、安い工事費用での提供が可能になるんです。これが業界のカラクリなんですよ。

だから、今、自宅に取り付けられている給湯器メーカーなんか気にしなくていいんです。当然ですが、実は知られていないこととしては、バスタブのメーカーと給湯器のメーカーは十中八九異なっているんです。要するに規格があるということなので、バスタブと給湯器のメーカーはイコールでなくて構いません!

給湯機が故障!今すぐ対応が必要な時に連絡する先

イースマイルなら給湯器トラブルは最短で20分で来てくれて、修理費用は8,000円~で、作業時間は45分~なんだよね。しかも24時間・365日スタッフ駆けつけなのが安心!深夜帯のトラブルで困っても大丈夫。TEL:0120-774-566

水道屋本舗だと給湯器故障への対応は、なんと4,000円からですよ!しかも、24H/365日というのはイースマイルと同じ条件だから安さでナンバーワンなのかも。TEL:0120-0120-24

クラシアンは有名ですよね。金額や営業時間はイースマイルと同じなので、お住まいの地域で、どっちが店舗があるかを確認してから、スグに来れそうな方をチョイスしてみましょう!TEL:0120-511-511

この記事は参考になりましたか?

0
35
Return Top